en voyage

カテゴリ:フランス*夏( 11 )

凱旋門より...

d0080167_15481626.jpg

様々な街の中心には高い建物が見られ、よく膝をガクガク、息をハァハァしながら登ったものです。
parisはと言えば、やっぱり凱旋門ですね。
エレベーターもあるけれど、ちゃんと階段を登ります。
その方が、眺望を楽しむ気持ちと感動が大きくなるから...

8/28の写真のノートルダムの上からの眺めも良かったけれど...
ここから放射状に進む道の眺めは素晴らしいです。(写真中央がシャンゼリゼ)

写真/Paris
[PR]
by kao_731 | 2006-09-02 15:56 | フランス*夏

Parisで...。

d0080167_17272314.jpg

当時、出来たばかりだったバスチーユオペラ座の近くに住み始めました。

写真/Paris Bastille
[PR]
by kao_731 | 2006-08-28 22:23 | フランス*夏

とうとう...。



d0080167_22144659.jpg



パリに着きました。
田舎道ばかり走っていたので、都会の道路は車線も多くドキドキ。
凱旋門の回りの放射線のような、方向転換はなかなか出来なくて、何度もぐるぐる回っちゃって...
やっとの思いで、レンタカーオフィスを探し、車を返してホッと一息です。

そしてこれから、parisでの暮らしが始まります。

写真//Paris Notre Dame
[PR]
by kao_731 | 2006-08-28 22:19 | フランス*夏

Gaz

d0080167_1718278.jpg

サンマロ〜パリまでは、このルノー・サンクで走りました。
ウェールズでのレンタカーで初めて給油したときは、戸惑ってうまくいかなかったりしたけれど...
なにしろ、当時日本でセルフのガソリンスタンドなんてなかったので、やったことがなかったもの。
でも、夫も随分慣れてきました。
[PR]
by kao_731 | 2006-08-28 17:25 | フランス*夏

Parisへ。

d0080167_16465268.jpg

ノルマンディの観光を終えて、とうとうパリへ向かいます。
左がParis、右がLyonの標識。
間違えないようにナビゲーションする私も真剣です。(笑)
d0080167_22515178.jpg

こんな道をひたすら、標識と地図を頼りに走ります。
[PR]
by kao_731 | 2006-08-23 16:45 | フランス*夏

ノルマンディの海。

d0080167_1731525.jpg

モネの絵で有名なEtrtat(エトルタ)も訪ねました。
アヴェルとアモンの断崖に挟まれた砂浜の景色は素晴らしかったなぁ。
残念ながら、写真はきれいに撮れたものがなく、さざ波だけですが...

海岸では、漁師が網の手入れをしていたり、
屋台でとれたてのカニ、エビ、ヒラメ...などたくさんの魚が売られていました。
観光地なのだろうけれど、暮らしの温もりが感じられる素敵なところでした。
[PR]
by kao_731 | 2006-08-23 14:02 | フランス*夏

ノルマンディーのドライブ。

d0080167_2244159.jpg

ルノー・サンクを走らせて、
映画のシーンを思い出させるような場所も訪ねました。

夏のバカンスシーズンのリゾート地をその日の宿を行き当たりばったりで決めながらの旅。
思った通り、どこもホテルはいっぱいで、ホテル探しのドライブといった様相になってきたりして...大変な思いもしました。
計画性がないというのは、やっぱり不安はつきものですが、思わぬ出会いがあるというのもいいところ、なのです。

写真/Deauville
[PR]
by kao_731 | 2006-08-22 17:28 | フランス*夏

Notre dame de grace

d0080167_16371557.jpg


どんな田舎町にも教会をみることができます。
小高い丘にひっそりと建っていました。

写真/Honfleur
[PR]
by kao_731 | 2006-08-22 16:13 | フランス*夏

看板。

d0080167_16522012.jpg

木組みの家に素朴な看板。
古さと手作り感のある温もりがなんともいいです。

ここノルマンディでは、こんな感じの古い家が多く見られました。
この日の宿もこんな作りだった

写真/Honfleur
[PR]
by kao_731 | 2006-08-21 23:10 | フランス*夏

訪れてみたかった場所。

d0080167_22204549.jpg

Mont Saint-Mishelは、以前から是非訪れたいと願っていた場所。
その為に渡仏のフェリーも一般的なCalais(カレー)のルートではなく、ブルターニュ地方に着くようにしたのです。
サンマロでレンタカーを借りて、目的地のパリまではブルターニュ〜ノルマンディを観光して、ゆっくり向かう予定なのでした。

砂地に浮かぶようなモンサンミッシェルは、圧巻。
中央の修道院は、完成までの歴史を感じさせる様々な建築様式も見応えがありました。

写真/Mont Saint-Mishel
[PR]
by kao_731 | 2006-08-21 22:39 | フランス*夏