en voyage

タグ:静物 ( 9 ) タグの人気記事

静物、もの

d0080167_21423860.jpg

旅先で美術品に惹き付けられるのはもちろんだけれど...
こんな街角で目に入るものも、異国の地では絵のように見えてしまうのです。
[PR]
by kao_731 | 2007-01-31 21:46 | つれづれ

朝市

d0080167_18595417.jpg

パリでの暮らしはつつましくしていたけれど...
朝市で買う野菜や魚はとても新鮮で安くて、食生活はなかなか豊か。
新鮮な食材は、ゆでるだけ、焼くだけでおいしいのです。
d0080167_1901099.jpg

最後に大好きなチーズを2,3個選んで買うのが常。
実はおいしいチーズとバゲットとワインがあれば、それで食事は大満足になってしまう私なのです。

写真/Paris
[PR]
by kao_731 | 2006-11-28 19:06 | つれづれ

再びドイツ:11/02 Bern〜friburg

バーゼルを経由して、再びドイツに入り、パリへ向かいます。
旅の疲れから、体調を崩した私は、フライブルグのホテルにチェックインするなり、ベッドから出られなくなりました。
ひとり街に出た夫は、私がずっと欲しがっていたテディベアの好みぴったりの子を見つけて来てくれました。
この子に出会って、元気をもらったのはもちろんのこと、この先の旅を彩ってくれたのは言うまでもありません。
d0080167_17501343.jpg

d0080167_17503132.jpg

写真/Bern
[PR]
by kao_731 | 2006-11-02 18:01 | スイス

音楽

弦から響いてくる音楽って、なんと優しく心地よいのだろう。
演奏するおじさんの穏やかな表情が印象的だったなぁ。
d0080167_22394666.jpg

d0080167_22392830.jpg

写真/Piazza of San Marco
[PR]
by kao_731 | 2006-10-14 20:50 | つれづれ

旧ユーゴ:10/12 Ljribljana〜Trieste

リュブリアーナの街中でパプリカだけの市場を見つけました。
オーストリアのだいこんやさんに驚いたけれど...こちらもびっくり!
d0080167_2215376.jpg

d0080167_2216563.jpg

写真/Ljribljana
[PR]
by kao_731 | 2006-10-12 22:08 | 旧ユーゴスラビア

ハンガリーへ:10/1 Budapest

d0080167_1731364.jpg

写真/Budapest HIlton Hotel(ホテルのガラスに映った漁夫の砦)

有名なブダペストヒルトンホテルに泊まる。(当時の日記より)
マーシャーシ教会と漁夫の砦に囲まれたヒルトンホテルのエグゼクティブルームに泊まる。
ここは、古い建物との調和の見事さでブダペスト市民の誇りになっているというので、是非泊まりたいと思ったのだ。
しかし、この中はどこの国の高級ホテルとも変わらず、日本にいるようで面白くなかった。
ただ、東欧の緊張感から解放された気分でゆったりとできたけれど...
[PR]
by kao_731 | 2006-10-01 21:31 | ハンガリー

気になるお店

ザルツブルグの広場では、露店が軒を連ねていました。その中で気になった店は、これ!
なんと「だいこんやさん」売り物は大根だけです。いろんな種類が並んでいます。
オーストリアでは、大根はきっとポピュラーな食材なんでしょうか。
しかし、陳列してある様子がなんだかおしゃれなんですよねー。
d0080167_21164222.jpg

これだけ並んでいると見事です。
d0080167_21152951.jpg


写真/Salzburg
[PR]
by kao_731 | 2006-09-19 08:29 | つれづれ

看板。

d0080167_165571.jpg

ヨーロッパを旅して、店の看板の可愛さにも目を奪われました。
これは、GASTHOF(宿屋)の看板で羊のモチーフ




d0080167_1655337.jpg

これは、牛のモチーフ。


d0080167_16554882.jpg

これは、ロバのモチーフかな?
まるで美術館をまわっているような楽しさです。
しかし、上ばっかりみてちゃ危ないですね。(笑)

写真/Germany
[PR]
by kao_731 | 2006-09-06 17:01 | つれづれ

d0080167_23595090.jpg

窓の向こうにそれぞれの暮らし。
飾られたカーテンに人の温もりを感じたりするのです。
[PR]
by kao_731 | 2006-09-04 22:40 | つれづれ